Case

世田谷区 都市部のマンションでも活躍するアーボリカルチャー

世田谷区 都市部のマンションでも活躍するアーボリカルチャー

都心でマンション生活を送るうえで共用エリアの美観を気にする人は数多くいます。建物の外観はもちろんのこと、敷地の植栽マンションの印象に大きく影響するということです。植栽がきちんと管理されていると、入居者・訪問者ともにマンションに対して好印象を抱き、逆に荒れ果てていると不快な印象を抱くことでしょう。最近では植栽管理がマンション資産に少なからず影響してくるという実態があるともいわれています。ひいては、近隣のコミュニティ形成にも影響を与えることになるでしょう。

高度経済成長期に建設されたマンションでは、樹木が大木化していることも珍しくありません。
育ちすぎた樹木の枝葉が伸びすぎて周囲が日陰になったり、電線に絡んだりしてトラブルにつながるケースも多発しています。
また、樹木が弱って病害虫に侵され、枯れた状態で放置されているケースも増えています。そのような樹木は突然倒れたり、大きな枝が折れて落ちたりする危険性があるもの。万が一のことを考えたときに、周囲の建物・人にどれほどの被害を与えてしまうかわかりません。もしも事故を起こしてしまうと、賠償請求される恐れもあります。
そうした事態を防ごうとした際、これまでは高所作業車のカーゴから、手作業で樹木を伐るなどの対策が取られてきました。

今回ご紹介する成城のマンションも、同様の悩みを抱えていました。
約15年前に竣工したハイセンスな分譲マンションは、元々「歳月を経たサクラ並木や、家々を包む生垣の緑が街全体に優しい潤いを添える」という価値を提供することが大きな特徴のマンションでした。しかし、マンション前に植わっているケヤキ・サクラが大きくなりすぎてしまい、高圧電線に絡む恐れがでてきていたのです。
しかも、樹木が植わっている目の前の道路はバス通り。日中の通行止めができないため、大型の高所作業車を使用しての作業が困難でした。

巨木化した樹木の特殊剪定

重機が入れない場所でも活躍できるのが人力での特殊剪定。
「ツリークライミング」という方法を活用した選定を行うことを決めました。専用の道具を使用して木に登り、少しずつ枝を切り落としながら剪定。周りの状況に合わせて切り落とす方法を考え、ロープや滑車を駆使した多様な技術で剪定を進めていきます。
現場の状況は多種多様で、一歩間違うと大事故につながる恐れもありましたが、職人たちの確実なロープワーク技術で安全に作業を完了させました。

都市部の伐採・剪定はぜひ当社にお任せください



都市部では建物・電線・周辺の道路環境をはじめとした、諸要因によって、適切な管理をしたくてもできない樹木が多くあります。特に人が生活するエリアにおける伐採や剪定は「どうすればいいのか分からない」「どこに頼めばいいのか分からない」といった、お悩みを抱えるケースが珍しくありません。
しかし、ご安心ください。一般的な造園会社では対応が難しいケースでも、欧米で確立された「アーボリスト」といわれる特殊な技術を身につけたスタッフが、プロフェッショナルな技術を駆使して解決していきます。

適切な費用とメンテナンスで美しい景観を維持したいとお考えの方はぜひご検討ください。自然災害の際の二次災害予防にもつながります。生育環境や樹種によっては、必ずしも毎年の剪定が必要ないものもあるので、1~3年単位で計画を立てられ、コストの面でも安心です。

Q-GARDENは、環境配慮の観点からも、なるべく重機を使用せず、アーボリカルチャーの技術を活用して、都市部の特殊な環境でも安全、かつ効率よく剪定・伐採作業を実施できるトータルな管理(ガーデンキュレーション)を行っています。

SHARE
シェアする

case一覧

0