Case

横浜市 A様邸

横浜市 A様邸

広大なガーデンスペースをお持ちなだけに、「管理がとても大変」という悩みを抱えられていた横浜市のA様。2017年1月、家のリノベーションをきっかけに、Q-GARDENにガーデンデザインをご相談いただきました。

第1期施工:植栽

第1期として①のエリアを施工。増築したリビングの窓からの眺めを、心地よいものにしたいというお客様のご要望、さらに、日々のメンテナンスを楽にしたいという重要なポイントを抑えてプランニングを行いました。ご提案したのは、舗装面積を増やし、そこをテラスとして利用するプラン。四季折々の植物を楽しめる庭づくりを検討し、予算に合わせた植栽などの材料選びをします。



植栽は、管理に手間のかからないもの、そして成長しすぎないものを前提に、1年を通じて花や実を楽しめる植物を相談しながら選びました。
春には落葉のリキュウバイやシロヤマブキ、常緑のヤマボウシ、ガールマグノリアを。下草にはゲラニウム、シランなどのお花も楽しめて放置しても可能な植物を選びました。夏にはアガパンサス、ギボウシ、カシワバアジサイ。秋には、ツリバナ実と紅葉が楽しめるオトコヨウゾメ、下草でシュウメイギク。冬は、赤い実をつけるソヨゴ、下草としてさまざまなクリスマスローズを植栽しました。

室内からの眺め



高さのある花壇、そして、奥行き感のあるデザイン設計で、室内から庭自体が立体的に見えるように工夫しています。タイマー式のライトアップ照明も導入し、夜間のガーデンを楽しめるようになったと、お客様から感激のお言葉をいただきました。

SHARE
シェアする

case一覧

0